スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読解力

どうも、なすでございます。
旅行記事をあげるのは、まぁ置いといてw
ちょいと時流に乗ってみようかな感もありつつ、いつもの通りになっているひとりごとを。
いつもの通り、長文だわ読みにくいわなので読んでいただける心の広い方に置かれましてはご容赦をm(_ _)m
ちなみに、ミクシ共有記事です。




職場で暴走中偽カツマー(Yahoo!ニュース)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100118-00000002-aera-soci


勝間って人がどんなんだかよく解りませんがね。

自己啓発本ってのは、古今東西いたるところで出て、その都度影響を及ぼしてきた。
結局、カツマーがどうとか言う話ではなく、昔からあった物に対してそれを読んだ人間が反応する仕方が変わってきたって話なんだろ、とか思うわけだが。

今の若いもん…って言いたくないんだけど、最近は自然に出て来るんだよなぁ。。。
・・・・・・っと、思わず愚痴がwww

もとい。

ここ最近の新卒者とかに教えるような立場になってきて多々思うことがあるんだけども、どうも受け取る側の理解力が落ちてきているようだ、と。

教える側が俺ってこともあるんだけど(←教え下手w
それを差し引いても、て言うか、俺じゃなくてもそうだったので感じたわけで。

「昔は~」とか「今は~」とか言う気はないんだけど、最近の教育方法に問題があるんじゃないんだろうかと思う。

考える余地もなく詰め込むだけの学校教育。
全て面倒なことはやってしまうor用意しておいてしまう親の家庭教育。
一方的な1人遊びばかりが増えてきてしまっている遊戯における情操教育。

子供を取り巻く教育環境って奴が、どうにも変わりすぎていると思う。
特に家庭教育と情操教育。
自ら身をもって経験し、自ら工夫し考えると言うこと。
「これは危険だからこうしたらどうか」
「この遊びは飽きたからこうしたらもっと面白くならないか」
安全・安心という過剰包装及び遊びの過剰供給によって思考の自由を奪われ、結果「言われたとおりのことしか出来ない」即ち「言われたこと以外の応用が出来ない」と言う人間を作ってしまったのではなかろうか。

理解するとは「読んで字面を覚える」ことではなく、その内容から「自分に対して如何に活用できるか」と言うところまで出来て初めて理解したと言うことになる。
そして、活用して初めて応用することが出来る。

現状、ここしばらくの新卒者を見てきて、その「理解力」と「応用力」があまりにも不足していると感じられる。
俺が新人だった頃は、環境があまりに違うとは言え、基本「見て覚えろ」だった。
まぁ、最低限のところは教えてくれるし、経験不足による知識のなさについても教えてはくれる。
だが、いつも言われていたこと。
「学校じゃないんだから教えてもらえると言う甘えは捨てろ」
最近の新人にはこれが足りない気がする。
放って置けば教えてくれるものだと芯のところで思っている節がある。
それは今までの環境による。
放って置いても廻りで何とかしてくれた経験があるからだ。

学校教育なんてものに今更期待は出来ない。
だからこそ、家庭教育及び情操教育に対して力を入れなければならない。
でなければ、社会に出ても何にも出来ずにジレンマを抱え自滅していく人間が加速度的に増えていくだけだ。




なお、「そうだよなー」とか思っちゃったあなたは、「最近の若い者は…」と言う紀元前から言われている言葉を言っている危険性がありますw
スポンサーサイト

「ハッスル」と言う存在についての一プロレスファンの考察

どうも、なすでございます。
ちょいと独り言をつぶやかせていただきます。
まぁ、内容はmixiにあげたのと同じなのですが(^^;

最近、プロレス業界では暗いニュースが続きます。
新型インフルエンザによる選手離脱。三沢、ジャマールなど一流選手の訃報…。
これから年末年始に掛けて大きなイベントが目白押しになってきます。
その中、下記のようなニュースが出てきました。


ハッスルが事実上消滅…わずか6年で終止符(スポーツナビ)
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20091209-00000010-dal-fight.html


ハッスルの事実上解散。
主要メンバーと後援者が新団体設立。
これらに対する、俺の個人的偏見のこもった私的考察(?)です。





ハッスルが「わずか」6年で?
いやいや、6年持ったって方が俺的にはビックリだ。

そもそも始まった頃が一番プロレスって物が総合格闘技やK-1に押されていた時期で。
それをどうにかせにゃいかんってことで、レッスル1の流れを汲みながら行なった興行がハッスルだった……と記憶してる。

別に最初から色物だったって訳でもなく、しばらくはレッスル1のそのままの流れでドリームマッチをボーダーレスで組むと言う、今では普通に出来るようになったことを行なってたわけで。

その後、WWEに代表されるアメリカンプロレスを持ち込んでビッグマッチによる興行のみを行なうスタイルに変えたわけだ。

これは、アメリカのようにPPVが発達している国であれば有益なコンテンツであり、興行としても成り立つ。
(……というのは、最早過去の話となっているが)
日本のようにTVは無償で見れるのが当然の国では、ほぼ興行収入のみ(サムライTVなどのPPV収入はあったけども全体から見れば極僅か)となり、かなりのハイリスクだったと思われる。
だが、大きな会場でやっていたことから、人さえ入ればハイリターンで返ってくるわけだ。

最初の内は、アメリカンプロレススタイルと言うものめずらしさで盛り上がり、且つタレントをガンガン投入したり、高田総統というキャラを用いて敵対勢力を造り正義の軍団が倒していくという、日本人大好きの勧善懲悪ストーリーを作り上げて盛り上げていった。

「プロレスとはプロフェッショナル・レスリングでもありプロモーション・レスリングである」と、どこぞで読んだんだが正に後者がものの見事にはまっていたわけだ。

ところが、ストーリーの漫然化と不況のあおりもあり、客足が減りスポンサーが下りるという状況に追いやられた。
それはプロレス全体でも同じことだった。

ハッスル以外の他団体は一致団結し、団体の垣根を乗り越え対抗戦と言う名の交流をして、その中で新しいストーリー運びを可能とし、再び勢いを増していっている。
原動力は新日で言う闘魂三銃士の世代。全日では四天王の世代と言うべきか。
その世代の選手達が社長や現場責任者になっており、そこで連携が取れた。

一方ハッスルはどうか。
その世代と言う意味では、高田はUWFと言う異種派を作ってしまった為、交流がそう多くは無かった為に人脈がプロレス側にあまり多くなかった。
だから、出遅れた。

だが、それ以上の問題は新しいストーリーを構築できなかった点だ。
プロレスのプロモーション部分が下手くそだったわけだ。
色々なストーリー、因縁や善vs悪のようなギミックを新しく作れなかった。
それが最も重要な点だった。

最終的に、それを挽回できることなく今に至ったわけである。


プロレス業界全体で見れば、三沢の死以降、再びプロレス人気が再浮上してきている気配を感じられる。
それ以前から気配はあったが、三沢がきっかけで増したことは確かな事実だ。
プロレス界にとっては大きな損失だったが、三沢が最後に残してくれた贈り物なのだろう。
更に追い風となるのが、総合格闘技やK-1人気の凋落。
この時流をつかめるかつかめないかでプロレス界の運命は決まる。

ハッスルから別れてスマッシュを作った人たちは、ビッグマッチばかりだったハッスルから教訓を得て、地元密着型で地道に興行を重ねると言っている。
せめて、他のインディーズ団体のように浮かぶことの無く消えていかず、三大メジャーに並ぶくらいの団体になってほしいと願う。
大原はじめや朱里と言った先のある選手、TAJIRIや小路晃と言った一流選手、島田祐二と言ったコネクションのある裏方が揃っているわけだから。





これは、あくまで俺の、一プロレスファンの偏見たっぷりな記憶から遡った程度のものです。
いろいろと齟齬があることはご了承願いたいです。


まぁ、ひとりごと、ですので(´・ω・`)

全ては人間の責任

どうも、なすでございます。

今回はちょっと真面目に、久々のひとりごとです。
まずはこちらを。


年間35万頭処分されるペット達の現実、日本に暮らす犬猫と人間の現在を描く『犬と猫と人間と』
http://www.cinra.net/news/2009/09/29/171514.php


ニュースでやる話だと、ほぼ全てが犬の話です。
そして、引き取り手があると言う話が出るのも、犬です。
この作品では、ちゃんと猫の話まで言及しています。
実に珍しい。
いや、寧ろ珍しいではいけない話なんですが。

野良犬、野良猫は自然に発生するものではありません。
誰かしらが捨てたから、起こってしまうことです。

野良に餌をやるな、と言う人がいます。
それでも餌をやる人がいます。

野良は人が捨てた為に起こってしまったことであり、責任は人にあります。
故に人が全責任を負わなければならないと思っています。
だからといって、ただ漫然と、可愛そうだから、と言う自らの偽善を満足させる為だけに餌をやることは間違っていると思います。
ただ、自分の生活だけを考え、それが荒らされて片付けるのが面倒だからと餌をやるなと言うことも間違っていると思います。

とは言え、この問題について確実な答えなどは存在しません。

俺の死んだ祖母は野良猫と野良犬を1匹づつ引取り、育てていました。
祖母は亡くなる前にケアハウスに入ることになり、犬猫だけが残ることになりました。
その頃、既に実家には姫様がいた為、引き取ることは困難でした。(姫さまは過度の臆病なので)
俺達は、父親の知り合いのある方に里親を探してもらえるように託しました。
その方は保健所…じゃなかったはずですけど、そのようなところに勤めている方でした。
もし引き取り手がなく処分することになるのならウチで引き取ると伝え、彼に託していました。
結果、2匹とも引き取り手が見つかりました。1匹は老人ホームへ、1匹はケアハウスに引き取られた後、1人のおばあちゃんに気に入られ、そちらに行ったそうです。

これも、答えの1つです。
しかるべき方に託し、里親を探すこと。
野良を無くすには、まず捨てる人を無くすこと。
今はインターネットなんて便利なものがあるので、いくらでのやりようがある。


命の尊さに差などあるはずがありません。
特に、人の身勝手で生み出されてしまったものに罪などあろうことか。

そういう命を生み出したのが人間ならば、救うのも人間です。
まずは手の届くところから、救えればいいんじゃないでしょうか。


※ 本文と映画の内容は途中から関係なくなってますのであしからず。

箱舟の巨星堕つ

深夜、信じられない速報を目にし、自分自身信じられなくて呆然としてしまいました。


ノア・三沢さん死す…プロレス試合中頭部強打
http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/090614/mrt0906140740000-n1.htm


なにか、とても現実であると言うことを認識出来ていないところが未だにあります。

これから、蝶野、武藤と共にメジャー団体で交流をはかって盛り上げて行こうと言う矢先での事故。

確かに、少なからずプロレス中での事故死と言うものは起こっています。

しかし、今、この時に、この人が、と言う思いが強い。

橋本の時も、そう。

この時に、この人が、なぜ?と・・・

運命は、プロレス界をどうするつもりなのでしょうか?

神やら運命やら、信じない性質ですが、こう言う時にはそう思ってしまいます。

朝、日テレで映像を交えて長い時間を裂いて三沢事故死を放送していたようです。

その中で、ファンが半狂乱になり泣き出していたそうです。

俺も、その現場にいれば同じようになっていたでしょう。

海外より帰国して2代目タイガーマスクでメインを張るようになって以来、ずっとここまで一線で戦ってきた三沢。

彼がいなくなることに未だ、実感がわいてきませんが。

少なくとも、ご冥福をお祈りさせていただきます。

店内での撮影を禁止します

おひさしぶりです、なすでございます(´Д`)ノ
前のエントリーが正月と言う、なにやら情けない有様になっておりますが、一応記念日前に更新しておかねばとか思いつつ、丸2ヶ月ほど経ったりして(^^;;
まぁ、いろいろあるわけですがこの際気にせずにw
てゆーか、何も無くてもこのくらい間があったことも珍しk(ry
あぁ、今回久々に更新の上「ひとりごと」長文なのでいつも以上に取り留めないですm(_ _)m


さて。


ちょいと気になったことがありましたので、ちょっとだけ。

飲食店での撮影は非常識か?(安田理央の恥ずかしいblog)
※一部18禁になるエントリーもありますので、他記事を見るときは注意してください。

俺もブログやり始めて多々写真を撮っているわけですが、実際第三者の目として見た時に果たしてどう映っているのか?
と、言うことを少なからずも考えたことはあります。

俺の場合、ブログに載せると言うことのそうなんですが、一番の理由は自分が忘れないようになんです。なので、外観写真は撮っても内装は撮らないですね。
実際、かなり忘れやすい質なので、一回行った店とかもう一回入っちゃって「あー、ここまずかったんだっけ・・・」って後悔したことがあるわけです。
そんなわけで、写真で撮っておけば映像と共に記憶も蘇ってくると言うわけです。

で、「写真を撮る」と言う行為。

端から見れば、不愉快に思う人もいるでしょう。
一眼レフの仰々しいモノで撮るのにしたって、携帯やらコンパクトデジカメにしたって。
俺が上記理由で撮ることがなかったとしたなら、「飯なんか撮って何が面白いんだ」と思ってるでしょうねぇ。
それに、携帯で撮る場合には必ずシャッター音が出ます。
ただでさえ携帯の着信音でイラつく人がいるわけですから、シャッター音だって例外じゃないでしょう。
店側とした時には、写真を撮る→ブログに載せられる→批判される→口コミで広がる→売上が落ちる、と言うことを恐れて禁止するところもあるのだと思います。
実際に俺が行った某ラーメン店でも「個人での写真撮影はおやめください」的なことが書いてあるところがありました。

次にこれが、非常識か否か。
ぶっちゃけ非常識だと思いますよ。
ただし、「今の段階では」と言う条件付きですが。
世にとっての常識か非常識かと言うのは揺るぐものですので、「飲食店で写真を撮る行為」が一般化され、容認する若しくは非干渉である人が増えていけば、それは常識になるでしょう。
そして、近い将来にはそうなるでしょうし、一部なっているところもあるでしょうし。

と、まぁ、ここまで書いといてなんなのですが、ぶっちゃけ俺的には過度な迷惑を掛けなきゃいいんじゃねって立場です。
もちろん写真のシャッター音ってのは耳に付くかもしれませんが、だったら携帯の着信音は消しとけよとか、飯食いながら電話するなマンが読むな新聞読むなとか、飯食いに来るのにそんなに臭い香水つけてくるんじゃねぇよ料理台無しだろとか、髪うぜぇなら束ねろよとか、棚に上げれてしまえば他に気になることは山ほどあるわけで。
写真撮るからって、店内うろうろしたり席立って飯撮ったりと言うのはどうだろう、とか思いますが。
なので、自分のところに来た料理くらいは勘弁していただきたい。
とは言え、流石に高級フランス料理店でそんなことを出来る蛮勇は俺にはありませんが(^^;

何事もTPOってことでw

PageTopNext>>

- clock -

- calendar -

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

- counter -

- profile -

日影なす

Author:日影なす
なまえ:
ひかげなす
せいべつ:

ねんれい:
31
せたけ/おもさ:
173cm/73kg(維持中)
すき:
食べる、ゲーム、ドライブ、歌う、酒
きらい:
レーズン(敵)
めーる:eggplant-h@hotmail.co.jp
        (全角@を半角に)

※写真はP905iかE02SA
 CaplioR5(リコー)、α350(SONY)
 で撮っています

※キリ番ゲットした方。
 上のメアドか最新記事のコメント
 に報告&送り先(メアドetc.)を
 いただければ、うちの姫様の極萌
 え写真贈呈させていただきます
 (`・ω・)ノ
 次回キリ番:20,000HIT

recent article & comment

recent Trackback
- favorite -
- kategorie -
- weather -


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。