スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り扱いには十分注意しましょう

どうも、なすでございます(´Д`)ノ
最近スポーツジム通いをはじめてます。
前々から考えていたことだったんですが、さすがに9~10時に帰ってそれから、と言う気になれなかったのでやめてたのですが。
この程、転職して大体7時前には帰宅しているのでやる気になったと言うわけです。
初めて1ヶ月は過ぎたのですが、一向に変わったことなし!w
……とりあえず、3ヶ月は様子見ましょうかね(^^;
転職して「ジム通いしてるんだ(`・ω・´)」と友人に話したところ、「事務職だから?(゜∀゜)」って。…それは気づかんかった(´・ω・`)


さて。


実家の姫様ですがw
そこ!ワンパターンとか言わない!m9(`A´)
俺が一番気にしてるんだ(´・ω・)

…で、話を戻します(^^;

姫様は何が気に入るのかサッパリわかりません。
基本は衣類や枕、毛布が好きなんですが、たまに変なものに執着します。

あたしのよ!(`・ω・´)

延長コードって(;´Д`)
まぁ、分かり辛いかもしれませんが、抱えてますw
本当は表に出してきていないコードなんですけどね。どこから引っ張りさしてきたことやら(^^;
そのうち…。

眠いけど、体勢が辛いわ(´・ω・)

眠くなってきたようでw

これなら寝れる…(*´ω`)

(-ω-)zzz...

寝ちゃいましたよ(^^;
ま、普段使ってるものじゃないんで良いんですけどねw
しかし、なにが良くてこんなもの抱え込むんですかね。。。



おまけ。
別角度w

続きを読む

スポンサーサイト

七志とんこつ編 (横浜 たまプラーザ)

どうも、なすでございます( ̄∀ ̄)ノ
1週間放置でしたね(^^;
それと言うのも、環境が変わってどうも疲れがたまっていたようでして。
気力不足というやつですかね。いくら寝ても疲れが取れない状態でしたよ。
おかげさまで土曜日に叫んできたので無問題ですw
そんなことなくても1週間放置くらいざらとか言う罠w

さて。


1週間ぶりでもラーメンネタです(^^;
最近、豚骨ラーメン食ってないなぁ、というなんとなくの思い付きで行って来ましたよ。
七志 とんこつ編

場所としてはたまプラーザ駅近くですね。
ビルの半地下になってるようなところにありました。
前から気にはなっていたんで物のついでに寄って見たわけです。
表でぼけ~っとメニュー見て決めてから入店。サクサクと注文。

七志ラーメン+角煮

感想。
スープはとろとろの豚骨スープ。濃いけど臭くない感じ。
角煮は箸で持つと崩れるくらい柔らかくて美味い。…が、少し八角の匂いがきついかな。
味玉半熟ヽ(´∀`)ノ マンセー
具の中に茎わかめが入っているんですけど、これがまた良いアクセントになって良い(≧▽≦)b
上にかかってくるゴマとニンニクの油も香りよくてよかったです。

総じて、とてもうまかったです(*´∇`)
俺の好みとしてはもっと豚骨臭ければ満点ってところですけどねw
ただ。。。
角煮の八角の匂いが最後まで気になりました。
麺を食ってるとその匂いがするし、スープ飲んでもその匂いがするし。
角煮だけ別盛りにして欲しかったかも…。
文句はそれだけですかね。


総評:★★★☆☆
豚骨臭くない、八角臭いの2点で星1つマイナス。
HP:らーめん七志とんこつ編



おまけ。
サイドメニュー。

続きを読む

喜七 (川崎 溝の口)

どうも、なすでございます(≧▽≦)ゞ
月曜日ってかったるいですね!(元気良く)
はい、もちろん空元気ですw
てゆーか、そろそろ仕事終わりですけどねw
…いえ、別に喧嘩売っているわけでは(((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

さて。

相も変わらずのラーメンネタです。
そして最近のマイブーム、川崎探訪ですw

仕事の帰り道すがら、気になってたところに行って来ましたよ。

喜七(「喜」の字は本当は七3つの「き」)


場所的には神奈川サイエンスパーク(略してKSPというらしい)の斜向かい……ていうか、目の前。
知らずにいったのですが、どうも有名店だったようです。
期間限定だったようですがミニストップでカップラーメンにもしてたんだそうですよ。
カップラーメンにするってことは俺好みではないと言う話がなくもないw
そんなことは露知らず、開店即入店で注文。

みそチャーシュー麺

北海道ラーメンって言うことだったので、迷わず味噌ラーメンを。
チャーシューがあるのは俺的デフォw
もやしと野菜と挽肉を炒めたものがのっていて、上にチャーシューといった構図です。
てゆーか、結構量があったりして(^^;
で、感想としては…

普 通

味噌のスープは豚骨ベース。甘みもコクもあるんですが、普通だし薄い。
麺も縮れ麺はいいのですが、なんていうか麺自体が美味くない。あと柔らかい。
出来上がった後に熱した油を注ぐんですが、いまいちその意味がわからない。
冷め難くするってんならわかりますが、それ以上の効果は感じられなかったですね。逆に脂っこくなっちゃって…。
ただし、チャーシューは良かった。角煮のような柔らかさと味わいがあったですね。美味。

俺の感想はそんなものですね。
とりあえず、俺の感じ方なのであしからず。


評価:★★☆☆☆
チャーシューの評価とKSPに車止めると駐車料金半分出してくれるサービス面で星1個プラス。
HP:北海道らぁめん きしち

購入品は検閲が入ります(接収率80%)

どうも、なすでございます(・∀・)ノ
この時期の雨の多さは「梅雨走り」と言うようですが、このまま梅雨に入っていったら走りじゃなくて単に梅雨なんじゃないか、と思ってしまう今日この頃でございますw
ま、梅雨前線がまだ南のほうのようなので梅雨じゃないんでしょうけどね(゜∀゜)


さて。


旅行記後初の更新ですが、案の定実家の姫様ネタでございますw
もしくはラーメンしかネタがないことはツッコミ不可

つい最近、母上が枕を買ったのです。
それと言うのも、実家の姫様が母上の枕を自分のものと化しているようで。
母上が枕を使っていると、すぐ横に来て脇に押しやっていくのだそうですよ(^^;
そんなもんで…

おちおち寝てらんねーよ(#`Д´)/(母上談。一部誇張w

…ということで、新しいのを購入、と相成ったわけです。
緑色のふかふかしたタイプの代物。
ところが。。。

ん~、なんかいづらいかな…。

やっぱり…(;´Д`)

俺が行った時は買ってからちょっと経った頃だったのですが、すでにこの有様。。。
乗らないようにと斜めになるようにしてやっていても無駄。

ま、いいや(´ω`)

寝てますから(^^;
もう、こうなったらしょうがない…!
この手は使いたくなかったが使わざるを得ないだろう…。


落ち着く~♪

お手上げ~ヽ(T▽T)ノ

もう、好きにさせときました。。。
この手は……使いたくなかった…_| ̄|○
取り上げられなくなるから(^^;


そんなわけで、母上の眠れない日々はまだ続くようです。



おまけ
つい先日の姫様。

続きを読む

喰い処 くりたや

どうも、なすでございます(´・ω・`)ノ
なんか風邪ひいたっぽいです。。。
喉がいがらっぽいってだけなのでまだ平気かなぁ、とか思ってるんですが、今日起き抜けから体がダルいっす(;´Д`)
でも熱は測りません(`・ω・´)
だって、熱があったら病人って思っちゃうじゃないですか。いっそう具合悪くなりません?
そんなわけで、有給無いので栄養ドリンクで何とかしますw


さて。


いわき経由袋田温泉旅行記2日目 その3

でございます。
長々とやってまいりましたシリーズもラストです。
たいした内容も無いのにね(゜∀゜)

2日目は袋田の滝にて滝見たり朝食バイキング食った後に蕎麦食ったりした後、昼食を取りに行きましたよ。

くりたや

場所は那珂湊。茨城の北のほうですね。
港自体が観光地になっているため、大型バスやら車やら多くて、人もやたらと多かったですよ。
しかも着いたのが昼時。ごった返すってのはこのことってくらいとんでもなかったですわ。。。
で、そんな喧騒の中、市場のはずれのほうに見つけたのが「くりたや」。
父上の20年以上前の記憶を頼りに行ったんですわw
新しく建て直してましたよ(^^;
見つけられたもののすんなり入れたはずも無く、海風が吹き抜ける中、待つこと20分ほどでようやっと店内へ。

並んでる時点で既に狙いは定めていたので早速注文。
マグロ&イクラ&煮穴子丼

鮪、イクラ、煮穴子。すばらしいトリニティですよヽ(´▽`)ノ
鮪はまぁ置いといて、イクラ&煮穴子はすばらしかった。
特に煮穴子。やわらかくて、香ばしいくって…(´¬`)ジュルリ
ただ、下のご飯が普通のご飯だったのが定食屋たるところかなぁ、と。
酢飯だったらまたちょっと違った感じになったろうなぁ…。

それと。
メニューの中に懐かしいものを発見したので一緒に頼みましたよ。
目光と言うと、本当はいわきが有名

目光、という小魚です。
知らない方のほうが多いと思います。
と言うのも、この目光、全国区ではなく福島の海沿いと茨城の北部海沿いくらいでしかお目にかかれないんです。
たまに別のところでも見られるようですけども、俺は出会ったこと無いです。
ちなみに体長的にはこのくらい。
箸が上手く割れませんでしたよ(つД`)

これがまた美味いんですわぁヽ(´▽`)ノ
白身なんだけど脂が乗ってて、身は柔らかくて。
久しぶりに食ったけど、美味かったです。

那珂湊に行って、観光地化した市場の上のほうで食ったりするんであれば、ちょっと外れたこういうようなところで食ったほうがいいかもしれませんね。
ちょっと覗いたけど、どう見ても美味そうには見えなかったので(^^;


評価:★★★☆☆
丼のみ評価。鮪がいまいちだったのと、飯が酢飯だったらもっと美味かったろうなぁってのと、具がさびしかったので。
目光の評価は星5つw


おまけ。
今回の旅の総評。

続きを読む

双葉

どうも、なすでございます(゜∀゜)ノ
更新頻度がだいぶ俺らしくなってまいりました。
多分、今後もこんな感じだとは思いますが、よろしくお願いしますねw


さて。

いわき経由袋田温泉旅行記2日目 その2

でございます。
長々やってきてますが、これ入れてあと2回ほどで終わりますのでもうしばらくお付き合いくださいましm(_ _)m

袋田の滝へと行く前に、観光土産などが売っている区画がありまして。
観光客目当てにこすい駐車場商売やってたりするところですよぅ、だんな。
そんな中に、なぜか隣りあわせで蕎麦屋があります。

造り的には長屋のようなもの(違

向かって右側(切れてるかもしれませんがw)のほうが有名な蕎麦屋らしいんですが、そんなことは無視してこちらに入ります。
双葉 入り口

以前に来た際にも寄っているところで、その時に非常に良かったので再来店となったわけです。
で、肝心の蕎麦はこちら。
ざるそば

蕎麦は歯ごたえ良く甘みがあり、蕎麦のにおいが香ります。
汁は出汁の聞いたちょっと甘めな感じ。俺は好きですねぇ。
そして、ちょっと添えられた山菜がまた春らしくて良かったですよ(^^
蕎麦については大満足でしたヽ(´▽`)ノ

しかし、残念なことが…。
こちらの蕎麦屋、蕎麦掻きがまたとても美味い!しかもでかいw
もちもちとした食感の蕎麦掻きだったんですが、残念ながら行った時間にはやっていなかったのですよ。。。
てゆーか、朝の10:00から蕎麦食ってるって言う奴も珍しいって話ですかね(^^;

袋田の滝に行かれた際にはこの蕎麦屋はお勧めですよ(`・ω・´)b




おまけ。
双葉の隣の蕎麦屋について。

続きを読む

袋田の滝

どうも、なすでございます( ノ゚Д゚)
いろいろと間が空きつつ長々とやっておりますがw
あとちょっとで終わりますんでもう少しお付き合いくださいね(^^;
なんか前にも似た様な事やってた記憶があるなぁ…。
成長してませんなぁ(´▽`;)


さて。

いわき経由袋田温泉旅行記2日目 その1

でございます。


1日目はこんな感じで終わりまして、2日目突入です。
当初の予定通り、袋田の滝へ。
今回で俺個人としては3回目と無駄に回数こなしているので、さくさくとこなれた感じで進んでいくわけですw
滝へは山をくりぬいたような通り道を通っていくわけですが、そんなところまで省略です(;´Д`)
てゆーか、写真撮り忘れてました、すんません。。。

前置きはこんなもんとして、早速滝を。
水量多めの方向で

前日まで雨が降っていたので水量は抜群です。
しかし、流石に大きいので写真には撮りきれません。
とりあえず、横幅はこんなもんってことで。。。
例えて言うならガズエル側

たとえて言うならガズアル側

あぁ、まったくわかりませんね(^^;
こればっかりは、行ってみないとわからないという感じですね。

とにかく、圧倒的な迫力です。
滝の流れ落ちる音、ただそれだけって言う状態で。
この際人々の喧騒は無視の方向で
周りはすべて木々で。
マイナスイオンとフィトンチッドで癒し効果は抜群ですよ、ダンナ!(≧∇≦)b"
そんなわけで。
マーイナースイオーン!

たんまりとマイナスイオンを吸収してまいりました( ̄ー ̄)b
どう見ても不審者です。本当にありがとうございました。

正直、何分でもいられます。
推量が少ないと、まぁアレですが今回くらいの水量があるととても良いです。
行くには少し不便なところですが、行って見る価値はあると思いますよ。


案内:大子町ホームページ



おまけ。
滝前で見つけたいろいろなものってところで。

続きを読む

思い出浪漫館

どうも、なすでございます(´・ω・`)ノ
GW残りは明日だけですね。
皆様、どちらか行ったんでしょうかね。
俺は一日中、取りだめていたビデオの処理してましたよ。
ヒッキーですか、そうですか。

さて。

いわき経由袋田温泉旅行記1日目 その3

でございますよ。
フォントを大きくするほどのことではないといまさら気づいたりして。。。


前回のすぐ後、2時間くらいかけて五浦→袋田へと移動です。
本当は山道走ればもっと時間は短いんですけどね。
……疲れるじゃないっスかぁ(´・ω・`)

そんなわけでw
温泉宿ですよ( ・∀・)ノ
遠見

思い出も浪漫もないね( ´_ゝ`)

袋田の滝から程近い温泉宿です。
中はかなり広く、新しい感じですね。

部屋はこちら。
結構無理な体勢で撮ってたりして

本来5人部屋のようなので、広く使わせてもらいましたよ。
2,000円分余計に払ってますからw
窓の外はすぐ下に川があって、せせらぎが心地良かったです。
すぐ向こうは畑だらけという罠w


着いたのは16時過ぎだったので、軽くひとっ風呂浴びてすぐに晩飯です。
ちなみに、宿はいる前に近くの酒屋で日本酒買って持ち込んでますw
で、それを呑みながらの写真撮影だったので、多少ぶれてるのはご愛嬌ってことでひとつm(_ _)m
酒の写真は撮り忘れました。不覚。。。

まずは…
めにゅ~

メニューですw
小さくて見えにくい場合は、画像クリックしてもらえると必要以上に大きくなります。
メニューの品に関しては、それぞれ寸評ってことで。

先附。
釜揚豆腐、白平湯葉

メニューのものが変わってたらしく、違うものでしたよ。
変わったものは後のほうでw
書いてある先附も食って見たかったかも。。。
豆腐と湯葉は豆腐は甘みがあってとても美味しかったんですが、湯葉はいまいちだったなぁ、と。

造里。
鮪、真鯛、烏賊、甘海老

鮪以外はなかなか美味かったです。
この宿は山の中ですが、港近いからなんでしょうかね。

蒸物。
茶碗蒸し

普通(^^;

焼物。
筍焼き

木の芽の味噌がぬってあって、これまた美味。
筍の香りともあいまって、「日本人で良かったヽ(´ー`)ノ」とか思える料理でしたよ。

煮物。
海老芋、ぜんまい、蕗

煮物は下から燃料で温めるようになっていましたよ。
俺は初めてだったんですが、そういう心遣いは良い感じですね。
味的には、まぁ普通ですw

揚物。
里芋磯辺揚げ、みの揚げ

薩摩芋、椎茸、里芋の磯辺揚げ、たらの芽というラインナップです。
特に、たらの芽と里芋の磯辺揚げは美味しかったです。
たらの芽の香りの良さと里芋の磯辺揚げの海苔と里芋のマッチ具合が良かったですね。
他は…特に挙げることもなく(^^;
みの揚げって何のことなんでしょw

酢物。
春野菜和風ドレッシング+先附:子持ち昆布の和え物

ここで先附の変わったものの登場ですw
酢の物のほうは、こんなもんかなぁ、とか。
先附は美味しかったですヽ(´ー`)ノ

鍋物。
奥久慈軍鶏すき焼き

(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!
奥久慈軍鶏は美味かったです。
軽く煮えたくらいで食った時は、ぱさぱさしてるなぁとか思ってたんですが、しばらく煮ていったら味が染みてすごく良い味に仕上がったのですよ。
玉子もまた美味くて、絶品でしたよヽ(´ー`)ノ

食事。
山菜炊込御飯、漬物、味噌汁

山菜御飯美味かったです(*´∀`)
2杯お代わりしましたよw

甘味。
きな粉と抹茶のケーキ

ちょっとってのがいいですねw
てゆーか、食いすぎ+呑み過ぎで余裕がなかったとも言うw


感想。
量多いねw
全般的には美味かったので問題ありませんでしたが。


………あ。
温泉…w
忘れかけてた(^^;

温泉はアルカリ性単純温泉。
硫酸イオンが若干あるようでよく温まります。
特徴的なのが「渓流露天風呂」。
川岸にあってなかなか雰囲気の良い場所でした。
詳しくはHPのほうにw

総評。
良い宿ですね。
また行く機会があったら泊まりたい宿でしたよ。



HP:袋田温泉 思い出浪漫館

茨城県天心記念五浦美術館

まいど、なすでございます(´▽`)ノ
連休の中日でございますなぁ。
有給使って9連休、なんて言ってくさってくれちゃってる輩もいるようですが、俺は仕事ですw
そもそも、有給無いですからね(^^;
自業自得とも言うw

さて。

いわき経由袋田温泉旅行記1日目 その2

です。

こんなところに行ってまいりましたよ。
「いつうら」なんだか「ごうら」なんだか、いまいちわかってない。。。

はい、美術館です。
そこ!キャラに合わない、とか言わない!m9(`△´)ビシッ!!
俺が一番わかってるから_| ̄|○
実際俺の趣味と言うより、同行している親の趣味なんですがねw

で、今回のお目当てはこちら。
≠浸水、≒心酔

伊藤深水という、女優の朝丘雪路さんの父親で美人画で有名な画家さんです。
絵としてはこんな感じですね。


以下は俺の私見ですので、ご了承を。

最後の浮世絵画家と言われるように、浮世絵に描かれるような美人画を多く残してます。
途中「美人画しか描けない」と言われたくなかったため、試行錯誤をしていた時期がありますが、結局美人画に戻ることになります。
その後の絵がすばらしい。
最初の頃の美人画は、正直な感想として「艶っぽいしきれいな絵だな~」程度の感じだったのが、描かれている女性の哀愁や歴史を垣間見えるような、圧倒的な感じを受けさせるものになってました。
俺は素人なので、素人的な見方だし表現も上手くないですが、親に連れられて見てきた何点かの人物画の中でもとてもすばらしい絵(訴えかけるもののある絵)だと思いましたよ。
少なくとも竹久夢路よりも好きです。


この美術館は岡倉天心さんと言う方の記念美術館となっているわけですが、この岡倉天心さんと言うお方、今の東京芸術大学を作った人らしいですよ。
知りませんでしたがw
で、この美術館の近辺に岡倉天心さんが篭もって読み物やら書き物をしていた六角堂というところがありまして。

今篭もっていたら罰ゲームですな。

狭くて海の音が聞こえる…。
なんか、篭もってた気持ちがわかりますよ(^^


参考:伊藤深水岡倉天心



おまけ。
美術館の外見です。

続きを読む

吉風

まいど、なすでございます( `・ω・´)ゞ
旅行から帰ってまいりまして、すっかりリフレッシュいたしました。
とはいえ、長距離運転で疲れ果ててますがw
まぁ2日間仕事の後は5日間休みですからね。無問題かなぁ。
喉は痛いですが(´・ω・`)

さて。

いわき経由袋田温泉旅行記 1日目

でございます。
まずは1日目の昼から。


今の今まで紹介しようかしまいか悩んでいたんですが、この際やってしまえ、と言う開き直りをしたので(きっかけ不明)挙げますw

吉風

そこそこわかりにくいところにある、プレハブ小屋の店です。
かつて、いわきに住んでいたころに週4日通ってたことのあるラーメン屋なんです。
そして、俺の中でラーメンランキング1位の座を圧倒的差で確保しているところでもあります。
最近は駅前にも出来たらしく、そこが本店になっているようですが。

で、注文はこちら。
醤油チャーシュー麺+味玉

ベースになるのは、ガラスープ+魚介系。
地元産のものにこだわってそろえていると言う話を聞いたことがあります。
味わいは、魚介系の味わいとガラの深み。美味です。
チャーシューは肩ロースのしっかりとした歯ごたえ。スープの味を殺すことのない味付け。
味玉は半熟。卵自体に甘みを感じるものです。
さらに、メンマは自家製なのか、かなりぶ厚いです。

とにかく、美味い。
表現が上手いほうじゃないのでなかなか伝えられないんですが、とっても美味なんです。
加えて。
写真に撮り忘れたんですが、サイドメニューの豚めし(名前うろ覚え…)は、絶品です。
量はかなり多いですが、吉風いってこれを食わなければ損をしますw



評価:★★★★★
文句ありませんw


おまけ。
俺の持論なので飛ばしちゃって結構です。

続きを読む

PageTop

- clock -

- calendar -

04 ≪│2006/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

- counter -

- profile -

日影なす

Author:日影なす
なまえ:
ひかげなす
せいべつ:

ねんれい:
31
せたけ/おもさ:
173cm/73kg(維持中)
すき:
食べる、ゲーム、ドライブ、歌う、酒
きらい:
レーズン(敵)
めーる:eggplant-h@hotmail.co.jp
        (全角@を半角に)

※写真はP905iかE02SA
 CaplioR5(リコー)、α350(SONY)
 で撮っています

※キリ番ゲットした方。
 上のメアドか最新記事のコメント
 に報告&送り先(メアドetc.)を
 いただければ、うちの姫様の極萌
 え写真贈呈させていただきます
 (`・ω・)ノ
 次回キリ番:20,000HIT

recent article & comment

recent Trackback
- favorite -
- kategorie -
- weather -


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。