スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこメール

どうも、なすでございます(´・Д・)ノ
せっかく書いた文章がパァになってしまいましたよ。。。
あー、もう長いの書けないー。
てゆーか、会社のサーバすぐ落ちすぎー。
※会社でやっていること自体間違いです。


さて。


こちらのブログを生暖かい目で見守っていてくださる皆さんに置かれましては、うちの姫さまが実家住みと言うことは衆知の事実かと思います。

なので、シャッターチャンスというものは、たまーに行く俺なんかよりも同居している母上の方が圧倒的に上なわけであります。
努力しても越えられない壁がここにw

ちなみに。
姫さまの頭の中ではうちの家族はこんな感じなのだと思われます。

母上 ・・・ おかーさん♪
俺  ・・・ たまに来る人だけどおかーさんと同じ感じがする人( ・ω・)
父上 ・・・ 同じ家にいる甘えると言うこと聞いてくれる人(-ω-)

事実、慣れていると言う意味では、同居している父上より俺のほうがなぜか上です(^^;
溺愛しているのにねぇ・・・>父上

それはさておき。

絶対的信頼を置かれている母上には、かなりの勢いで気を許しています。
まぁ、「母親」なわけなので当たり前っちゃあ当たり前なのですがね(^^;
なので、たまにメールで送ってくるわけですよ。

ひじょーにきびしーっ

こんなんだったり

(-ω-)Zzz...

こんなんなってたりw

ご飯くれないんならいいもん( `・ω・)プイッ

こんなことしてたり(^^;

こういうようなメールが来るわけですよ。

まぁ、可愛かったから、と言うことで送ってきてくれてるわけだと思うのですが。

俺はいろいろじーーーーっと待ってたりしてようやっと1枚2枚撮れる位なのですよ。

母上、一言言わせてくれ。







































それはあてつけですか?(#`Д´)=3



























・・・・・・・・・いや、面と向かっては怖いから言えないですよ(( ;゚Д゚))ブルブル























くれる事には感謝してますがw

良い癒しの効果がありますからね(*´Д`)~゜
スポンサーサイト

新福菜館 (モザイクモール港北内)

どうも、なすでございます(`・ω・´)ゞ
俺の花粉症の時期が過ぎました。
おかげさまで、酷いくしゃみ&鼻水&涙は納まりました。
とは言え、まだ酷い人は酷いようです。
去ってしまうとなんてことはないんですけどね。。。


さて。


最近、週1回ラーメンでも食った後、胃もたれ起こすようになってしまいまして。。。
うーむ。歳ですねぇ(´・ω・)
なので、最近は回数減らしてたり魚介系食ってたりしてます。
食わないと言う選択肢は無いので、あしからず。

で、今回は前から気になったけどいろいろあって行けなかったシリーズです。
前回は何だったかは深淵の彼方に放り込んでおいてください。

お店はこちら。

新福菜館@入口

本場京都ラーメンと銘打っております。
まぁ、京都ラーメンとやらを食ったことが無いので本物がどうだかわかりかねるわけですが(^^;
そんなことはさておき、入店即注文w

新福菜館@新福菜館ラーメン

コレで普通のラーメンですw
通常、チャーシュー麺と見まごうことも無いものですが、れっきとしたラーメンです。
もちろん、メニューとしてチャーシュー麺もありますよ(-ω-)
そして、肉抜きもありますよ(´Д`)
今回は妙に胃もたれ起こしていたのでコレで。
あぁ。ラーメン食うなと言うツッコミは無しの方向でw

では、ラーメンの感想をダイジェスト方式でどうぞ。

通常の醤油ではなくチャーシューを漬けた時の汁を使っているスープとのこと。
まずは、香るのが豚骨の臭気。豚骨+鶏ガラですが、豚骨の勝ち?
・・・が、実際食べると三口ほどで感じなくなり、代わりに強烈なチャーシュー汁の甘みが広がります。
豚骨と鶏ガラの動物ダシと相まって深みを感じます。
チャーシュー汁ということで、脂やらくどさやらを想像してましたが、さほどでもなく。
麺は太目。だが、スープが非常に濃くダシを採っているのでバランスは取れてます。
チャーシューは薄めですが肩ロースなのか、しっかりとしていて良い感じ。
ラーメンの上にかかっている九条ネギがアクセントになり非常に良い。

で、総評としては非常に良いラーメンだと思います。
体調万全の時に改めて食いに行こうと思ってます。
特にチャーハンと餃子が気になって気になってw
動物系とチャーシュー汁も良い感じの相乗効果でしたし。
ただ、ちょっとスープが甘い感じがしますので、そういうのが嫌いな人はどうかなーと。



総評:★★★★☆
人によって好みは相当分かれると思いますが、俺は好きです。叉焼汁割りは竹岡式でトラウマがあったのですが、おかげで払拭されましたよw
HP:新福菜館

小田原旅行記 其の参

どうも、なすでございます(`・ω・´)ゞ
ノっている時にまとめてアップしないとやらないものですよね、こういうものって。
特に旅行記、ラーメンあたりは(^^;
結構長くなる上に思い出すのが辛くてw
はい、そこ!ボケが進んでるとか言わないッ! m9っ`・ω・´) ビシ!!


さて。


小田原旅行記 ~1年前の記憶はあてにならない~

其の壱其の弐をふまえてご覧下さい。

小田原到着でホテル直行。
マターリしてから小田原駅前で呑む。
と、なにやら観光をなに1つしていないわけですが、2日目でようやっと観光らしいことになりました。


―――以下本文―――


ヒルトン小田原を堪能―――出来るほど長く泊まっていたわけではないので(^^;
スパリゾートの方に後ろ髪引かれながら、チェックアウトしたわけです。

最初の会社にいたころ、最後の1年間は割と小田原や南足柄方面に来ていたことがありまして。
ほとんどが車での単独営業。
時間もあるし、やる気は無かったしで遊んでいたりしたわけです。
ちょいと遠めなラーメン屋に行ってみたり、温泉に言ってみたり。
ただ、それでも行ったことのなかったメジャーどころがあったんです。

小早川城

小田原メジャーランドマークタワーの内の1つ。小田原城です。
実は、知識も何もないもので、小田原城がどう言うところか知らなかったんですよ。
いやぁ、よもや城の敷地内が・・・・・・

ほら、ノミ取ってやるから
いいって、おかぁちゃん~
あ~、ぎゃくたいだー、ぎゃくたいー。いけないんだー


猿の王国になっていたとはッ!?( ̄□ ̄;)







いや、動物園なんですけどね(^^;





いや~、引かないで~ 。゜(゚´Д`゚)ノ




なにやらこじんまりとした動物園でして。

他にも、いろいろな猿がいましたよ。

檻の中にー
( ・ω・( ・ω・)

毛づくろい中の猿。

檻の中に~
(・д・)

下が気になる猿。











だから、なんで猿ばっかり orz




あぁ、もちろん、ちゃんとゾウもいたりする動物園ですよ。

ぞーうさん、ぞーうさん、オーバナは勝つのかね?( ・ω・)

この日誕生日だったりして。

おめでたう~~

ウメ子さん、60歳だそうです。
象は人間とほぼ同じ年齢とみなすようなので、まだまだ現役って気分なのかなぁ。
とはいえ、人間と動物じゃぁ比べるのはナンセンスかなーとか思ったりもするわけですが・・・。


こうして。

小田原旅行は終了いたしました。
帰りは首都高乗って帰りましたよ。
行き帰り共にうみほたる寄ってると金かかっちゃいますからね(^^;

ヒルトン小田原も贅沢で良かったし、魚国も美味しかったし、動物も可愛かったしで、とても良い旅でしたよ(^^

なにより、近場は帰り疲れなくて良いですなw










おまけ。
寄り道がてら・・・。

続きを読む

小田原旅行記 其の弐

どうも、なすです(´・ω・)ノ
前回、「其の壱」を付け忘れたことに気付きました。。。
てゆーか、1つで終わろうと思っていたんですが、長引きそうなので切ったのが原因です。
相変わらず見通しが悪いね>俺


さて。


小田原旅行記 ~1年程前の記憶もそこそこあるもんだ~

前回はこちら


結局、小田原旅行記と言っておきながら、ひとつも出てこなかったわけですがw
今回から、ようやっと小田原に入ります。


―――以下本文―――


うみほたるを抜けて、そのまま小田原へ。
途中に「丘公園」があって、チェーン展開かよ!(;´Д`)とか思いつつ小田原へ上陸。
その日は到着が遅かったので、そのままホテルにチェックイン。

両親写ってるのばっかり・・・(^^;
真ん中に邪魔なのはありますが(^^;

かつて「スパウザ小田原」という、悪名高き不良債権物件を買い取って、ヒルトンが運営している「ヒルトン小田原」です。
「スパウザ小田原」を知らない人は、この辺りを読んでみて下さい。
やたらめったら立派なフロントでチェックインを済ませていざ部屋へ。

部屋の上手い撮り方を教えてください(切実

3人にしてはそこそこ広くていい部屋です。
しかも、部屋からの眺めが良い!



丘の上に建っているため、さえぎるもの一切無し。
眺望は格別です。
そして、真下には教会がありまして。

ミサミサ

日取りが良かったのか、結婚式をやっていましたよ。

おめでとうございます


そして、この景色は夜だとかなりきれいになるのです。

正面に続く坂
教会もライトアップ

ぶれているのは仕様という事でw

日も落ちて、飯はヒルトンではなく駅前で飯を食ってきました。
むしろ呑んできましたw
あ、もちろん車はヒルトンですよ。小田原駅からヒルトンまでの無料送迎バスが出ているのでそれを利用しました。
どこで飲んだかと言うと・・・・・・・・・


















忘れました。。。_| ̄|○



流石に1年前なので・・・。
場所は小田原駅のヒルトン側のほうの出口から降りていく途中にある居酒屋さんで、刺身がすごくおいしかったんですけど。。。
思い出したら追記します!ごめんなさい!



ともあれ、コレにてマターリして温泉はいって、すぐ就寝。
風呂も眺めが良くて非常に良かったですよ。



さて、長くなったのでここまで。



またも、見通しが悪くてえらいこっちゃw

次回こそは日本の誇る文化財です。


続きを読む

小田原旅行記

どうも、なすでございます(´・Д・)ノ
唐突ですが、5月に旅行に行ってきます。
連休はぶっちぎりで避けるわけですがw
旅行記は気が向いたら挙げます(゜∀゜)
そういうわけもあって、今回は旅行記なのです。


さて。


小田原旅行記~約1年前の記憶はどこまで残っているものか~

と言うことで、久々の旅行記です。

ネタは1年ほど前ですけどね

orz

ですので、記憶とかあいまいです(^^;
そういうところのツッコミは、生暖かくスルーしてくださると幸いです。


―――以下本文―――


向かうは小田原・・・なわけですが、首都高を通っていってもつまらないと言うことで、海上を渡っていくことにしました。
そう。バカ高いことと観光地で有名な「うみほたる」です。

どこでなにやらさっぱりですなw
駐車場を写してどうする(( ´∀`)=○)`ω゜)・;'.、

もちろん海のど真ん中なわけで、見渡すところ全て海!

うーみー
うーみー
うーみーねーこー


・・・・・・・・・と、まぁ、ここまで来ても「ねこ」を写してしまうわけですが(^^;
アレは多分ウミネコのはずなのです。違ってたら修正プリーズ( ・ω・)ノ
てゆーか、イヤって言うほどのウミネコがいました。アレで映画みたく襲ってこられたらひとたまりもありませんな(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

あぁ、一応、ちゃんととってありますよ



まぁ、何がなにやらさっぱりですけどね(^^;;;

と、まぁ、海の中に立っているうみほたるなわけですが、この建物のコンセプトは「船」
なので、敷地内にはこんなものもあるわけです。

肖像権に注意しましょう
うちの両親が写っているのでちょいと加工済みw

船のマストをかたどったオブジェです。
あの下はお店やら何やらがあるわけですが。

他にも、うみほたるに続く道路を作った際に使った削岩機の一部とか

ドリルは漢の浪漫

なかなか楽しめましたよ。

そうそう。

一粒で100万パワー(違

こんなところにもいやがったwww


うみほたるで軽く遊びながら、いよいよ小田原へ。
と、言うところで長くなってきたので次回へ。



次回は怒り心頭に発しながらも心地よいホテルと、一挙両得な観光地編です。

なんつっ亭(川崎)

どうも、なすでございます( ´Д`)ノ
桜咲いたなぁ、と思ったらもう散り始めてますね。
風に雨だったからですかね。
今年こそは花見いこうかなーとかなんとなく思ってたんですけど。
まぁ、花粉症には辛いイベントではあるんですけど(^^;


さて。


たまたま川崎駅に用事があったので、気になっていた人気店に行ってみたぜベイビー。

なんつっ亭@入口

有名店長で有名な有名店です。
まぁ、もちろんラーメンも有名ですが(^^;
どうにも、ラーメンよりもあの店長の顔が先に出ますねw

ずっと気になっていたのですが、秦野には遠くてなかなか足が延ばせないんで諦めていたのです。
が、川崎BE内にあると言うことだったので、用事がてら言って来た訳です。

来訪したのは用事終わりだったので13:30。
それでも店内は8割くらい席が埋まってました。他の店はガラガラだったんですけど。
ともあれ、食券買って注文。
ボーっと張り紙見ていたら、値上げのお詫びみたいな貼紙がありました。
あー、原料高騰かぁ。大変だなぁ。
……とか思っていたら注文の品、到着。

なんつっ亭@チャーシュー+味玉+大盛

これがうわさのマー油です。
スープはオーソドックスな長浜系豚骨。麺も同じでオーソドックスな九州系のラーメンで使われる麺。
チャーシューはほどける感じの柔らかめ、味玉は半熟でグー(エドはるみ風)
長浜系豚骨なのでネギはとても良くあいますね。

ただ。
マー油については、出た当初はセンセーショナルだったんだろうけど、今となっては大して珍しくもないものになってしまいましたね。
んなもので、印象がベーシックな豚骨ラーメンの域を越えないですね。
焦がし脂の香りっても、匂いは慣れてきますからね。食ってる後半はまったく意味無い気がします。
まぁ、大盛りだったから、って話も無くは無いですけどね(^^;

結局、そこそこ良い味出してる長浜系ラーメン店であればどこででも食えそうだなって印象です。
関東に持ち込んだパイオニア(だったと思う)であることは凄い事と思いますが、いまいち店長ほどのインパクトがラーメンに感じられません。
アレだけインパクトのある店長、標語を並べているなら、そのイメージのままのインパクトが欲しかったかなぁ、と。
逆にオーソドックスで良かったと思う人もいるかもしれませんけどね。

まぁ、あまりに期待しすぎたのかもしれませんね。



・・・・・・あ、品達にあったじゃん(;´Д`)



総評:★★★☆☆
ラーメン自体はおいしいものでした。けど、わざわざ食いに行くほどではないかな。通りがかりでラーメン食いたくなって行くには良いかも。
HP:なんつっ亭(OHP)

PageTop

- clock -

- calendar -

03 ≪│2008/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

- counter -

- profile -

日影なす

Author:日影なす
なまえ:
ひかげなす
せいべつ:

ねんれい:
31
せたけ/おもさ:
173cm/73kg(維持中)
すき:
食べる、ゲーム、ドライブ、歌う、酒
きらい:
レーズン(敵)
めーる:eggplant-h@hotmail.co.jp
        (全角@を半角に)

※写真はP905iかE02SA
 CaplioR5(リコー)、α350(SONY)
 で撮っています

※キリ番ゲットした方。
 上のメアドか最新記事のコメント
 に報告&送り先(メアドetc.)を
 いただければ、うちの姫様の極萌
 え写真贈呈させていただきます
 (`・ω・)ノ
 次回キリ番:20,000HIT

recent article & comment

recent Trackback
- favorite -
- kategorie -
- weather -


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。