スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋~三重旅行記 その2

どうも、なすでございます( ̄∇ ̄)ノ
月曜日は眠いですね。
半分くらいは頭寝たまま仕事してますよ。
で、仕事の中身無いままやりつつブログアップしているわけです。
新社会人の諸君。俺は悪い見本だw


さて。


名古屋~三重旅行記 その2 ~日本最高峰の牛肉~


その1はコチラから。

名古屋でさつきを堪能してから(ちょっと違う)車で大体1時間少し。
県境を超え、愛知から三重へ。

とある人が言うとバカになってしまう県ですが、名所は多々あります。
そのうちの1つ。誰もが知っている「KING OF 牛肉」の産地松阪。
今回の主目的ではないわけなのですが、副目的と言うには忍びないところです。

で、数ある松阪牛の店の中から、今回行くのはコチラ。

牛銀@玄関


知っている人は唸る、名店「牛銀 本店」です。
ちなみに、すぐ隣には「洋食屋 牛銀」が。

洋食屋牛銀@玄関

後で仲居さんに聞いたら、本店に来るつもりが間違えて洋食屋に入ってしまう客が多いそうですw

今回は本店に入店です。洋食屋は次の機会に。

注文は決まっていたので、網焼きと牛刺しをお願いしました。
仲居さんが出て行った後に、ふと気付いたわけなのですが、時間が少し遅め(13:30前)だったので広いお座敷だったのですが、俺達以外客0。
個室には何組かいたようですが、ぶっちゃけか仕切り状態と言う実に気持ち良い状況に(^^

部屋の中を見ながらしばし。

仲居さんがやってまいりました。和服の似合う妙齢のゆりさん。
まずは、テーブルの真ん中にあった七輪に炭を投入。

備長炭ではないそうです

炭が暖まる間に、まずは牛刺しを。

牛銀@牛刺し

今まで、「良い肉」と言うものを数多く食べてきました。
皆さんも思い出してください。
口の中でとろけるような、甘みのあるその肉を―――。


そ れ を は る か に 超 え ま す 。


肉は存在感を残しながら自己主張が強く、甘みと言うか「肉」そのものの味が濃いと感じられます。
かと言ってしつこいわけでも臭いわけでもない。
肉として上物だと言うことが強烈に感じられました。


で、メインの網焼きです。
網焼きはヒレ肉のみだそうです。
他の肉では網焼きにするには脂が強すぎてしまい、肉の味が充分に活かされないからだとか。
なので、仕入れが上手くいかなかったときには網焼きがメニューから外されるのだそうです。
野菜も三重の地物を中心にそろえているとのことでした。

牛銀@網焼き(ヒレ肉)

牛銀@網焼き(野菜)

網焼きはポン酢か塩ダレで頂きます。

牛銀@ポン酢&塩ダレ


肉は仲居さんが1枚1枚丁寧に焼いてくれます。
焼けすぎないように網の端で肉を焼き、真ん中では野菜を焼きます。
肉はそんなに待たずに、すぐ焼けます。
あんまり焼くとおいしさが半減するからですね。

牛銀@網焼き(ヒレ肉)2

俺はヒレ肉と言うものがそんなに好きではありません。
良い肉と言われているものでも、ヒレ肉は脂が少ないせいか、若干のボソボソ感が否めなかったからです。
俺は肉のジューシー感が好きなので。
しかしっ

牛銀のヒレ肉には惚れた!

ヒレ特有の柔らかさ、肉の味の詰まったところを余すことなく発揮しながらも、ボソボソとしない。
むしろ、適度な脂加減が絶妙のマッチングを醸し出す。
肉はほろほろと口の中で崩れ、歯がいらないのではないかと言うくらいに柔らかい。
そしてなにより、肉の熟成度合いが抜群なのだとわかるほどに肉の旨みが引き出されている。
網焼きは150gで出されます。
最初足りないかな、とか思ったわけですが、このくらいでちょうど良い。
食い終わった後の余韻を楽しむには程好い加減です。

そして何より特筆すべきはポン酢と塩ダレの上手さ。
そう。美味さもさることながら上手さなのですよ。
肉に徹底的に併せるべく作られたと思わしき、2つのタレ。
ポン酢は柑橘系の爽やかな酸味が肉とベストマッチ。
塩ダレは胡椒の辛さが肉とベストマッチ。
どちらも味の方向性が違うから、飽きが来ません。
この辺りにまで、牛銀の肉へのこだわりを感じました。
ちなみに、タレの配合分量は代々料理長のみが知る秘伝なのだそうです。

最後に、シャーベット。
これまた柑橘系のシャーベットで口の中が爽やかになってよかったです。


感想。
とてもじゃないですが、俺が語るには相手がでかすぎですw
使える限りの言葉を使ったものの表現できるのはわずか1割にも満たしてないと思います。
ただ、「美味かった」と言うことがヒシヒシと伝われば成功だと思ってます。




総評:★★★★★
もうひとつくらいつけたいくらいかなw 老舗って看板がとても似合っている、そんなお店でした。
OHP:牛銀本店ホームページ




おまけ。
牛銀本店までの道程。
 
 
 
牛銀本店にまで向かう道のりですが。

統一感のある町並みっていいよね

なかなかに良い町並みでした。
今度は茶屋も覗いてみたいなぁ~。

名古屋~三重旅行記 その3PageTop名古屋~三重旅行記 その1

Comment

さて、いつ逝こうか。

旅行総代金1人7~8万用意できるならいつでもw

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://eggplant2.blog52.fc2.com/tb.php/172-d13b2e71

- clock -

- calendar -

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

- counter -

- profile -

日影なす

Author:日影なす
なまえ:
ひかげなす
せいべつ:

ねんれい:
31
せたけ/おもさ:
173cm/73kg(維持中)
すき:
食べる、ゲーム、ドライブ、歌う、酒
きらい:
レーズン(敵)
めーる:eggplant-h@hotmail.co.jp
        (全角@を半角に)

※写真はP905iかE02SA
 CaplioR5(リコー)、α350(SONY)
 で撮っています

※キリ番ゲットした方。
 上のメアドか最新記事のコメント
 に報告&送り先(メアドetc.)を
 いただければ、うちの姫様の極萌
 え写真贈呈させていただきます
 (`・ω・)ノ
 次回キリ番:20,000HIT

recent article & comment

recent Trackback
- favorite -
- kategorie -
- weather -


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。